Webflow

の使い方

概要

Webflowは、Webサイトをブラウザ上で直感的に制作できるプラットフォームで、このWebサイトや私が運営するEmpty DressyもWebflowで作られています。

会社概要等の静的なWebサイトだけでなく、CMSの機能も備わっているため、ブログ等のコンテンツを用意することも可能です。

開発の容易さを売りにする競合のサービスと比べると、HTMLやCSS、JavaScriptを使用する通常のWebサイトの開発とサービスの設計的に近い部分があり、一定のリテラシーは必要ですが、その分表現の幅は広く、余計なコードがないからか、サクサク動きます。

特に自分でサーバーを用意する必要があるWordPressと比べると圧倒的に速く、Empty DressyもWordPressとXServerの組み合わせから移行しましたが、大分速くくなりました。

料金

Webflowの料金体系は分かりづらいのですが、大きく「Site plans」と「Account plans」に分かれ、前者はWebサイト毎に、後者はアカウント毎にかかります。

ただ、1アカウントで3つ以上のWebサイトを開発しない限りは、「Account plans」はフリーのままで大丈夫で、「Site plans」のみを選択する必要があります。

「Site plans」はWebサイト向けのプランとして、「Basic」と「CMS」、「Business」があり、それぞれと同等の機能に加え、決済機能を有しているECサイト向けのプランとして「Standard」と「Plus」、「Advanced」があります。

従って、基本的には「Basic」から考え、CMSが必要ならば「CMS」、コレクションアイテムが2,000を超えるか、グローバルなCDNを使いサイト速度をより上げたい等の+αがある場合は「Business」、それらに決済機能を持たせる場合は対応するECサイトのプランを選択することになります。

私はEmpty Dressyで「Business」と、このサイトで「CMS」を契約しています。

動画講座

現時点で動画講座の用意はございません。

No items found.
No items found.
#
-
#
Airtable
#
Array Aggregator
#
Data Store
#
Filter
#
Gmail
#
Google Forms
#
Google Sheets
#
HTTP
#
Ignore
#
Iterator
#
JSON
#
LINE
#
Repeater
#
Router
#
Shopify
#
Slack
#
Text Parser
#
Variable
#
add()
#
addDays()
#
addHours()
#
addMintues()
#
addMonths()
#
addYears()
#
contains()
#
floor()
#
formatDate()
#
get()
#
if()
#
ifempty()
#
indexOf()
#
join()
#
length()
#
map()
#
parseDate()
#
parseNumber()
#
replace()
#
setDate()
#
setHour()
#
setMinute()
#
setMonth()
#
setYear()
#
split()
#
substring()
#
switch()